- Home -




財布
財布ちゃんがとんでもないことに...


それは、おてるが高校生の時だった。何の用事で何処へ行ったかは覚えてないのだがJRのどっかの
駅で、家へ帰る途中だったのだけは覚えている。どこだっけ?、まぁ、そんなことはどうでもよい。
ちょうど電車の乗り継ぎで駅の中を移動していると腹が痛くなったので、駅のトイレへ駆け込んだ。
入ったトイレは和式水洗トイレである。早速、ズボンを下ろして、パンツを下ろして、俗に言うウン
コ座りでふんばった。硬くも無く柔らかくも無い、ちょうど良い感じのブツをケツからイジェクトし
スッキリ爽快気分を味わったのも束の間、ケツの辺りをスルリと何かが抜け落ちる感触が...。
ズボンの後ポケットには財布をさし込んでいたんだけど、「まっ、まさかっ!!」と下を覗き込み、

「.....。」

絶句である。



大事な大事な自分の財布ちゃんが、モノの見事に出したてホヤホヤのウンコに突き刺さっているでわ
ないか!!(笑)。しかも、その財布の色は茶色でウンコとベストマッチングしている(笑)。

暫く呆然としたが、「どうしよう??」という思いが。そのまま、流すわけにはいかない。だって、
ウンコより大事なお金が入っているし、なによりも自分の顔写真付きの生徒手帳が入っているからだ。
万が一詰まったトイレから、そんなのが出てきて「これはなんだね?」なんて目の前へ突き出されで
もしたら首吊りもんである。

とりあえず、「どうにかしよう!!」と上着のポケットを探ると、行きにお店で買い物をした空き袋
が出てきた。不幸中の幸いである。とにかく、パンツとズボンを履いてから恐る恐る財布を引き揚げ
た。次にさっさとウンコを流し去り外に人が居ないか確認。幸いにも誰も居なかったので水道で財布
を軽く洗って買い物袋へ包み込み、何食わぬ顔でトイレから脱出。その後、感情もへったくれも無い
財布に対して怒りが込み上げた。

「なんで、よりによってウンコが出た後に落ちるんだよぉ〜!!」(笑)

家へ帰った後、風呂場で手にゴム手袋をはめ完全防備でゴシゴシとタワシで洗い上げたのは言うまで
も無い。

そのウン付き財布、実は今も愛用中である(笑)。しかし、風呂場で洗い過ぎた後遺症が...。小
銭入れのチャックが壊れて締まらないし、小銭袋自体が破れてボロボロなのである。

そうそう、財布にニックネームもつけてあげた。

「ウンコ財布」(笑)


終わり。


▲Top