- Home -




富士登山
日本一背の高い男になる為に...(笑)


...はじまり...
静岡県民でありながら一度も富士山の頂上へ行ったことが無い。今年は20歳代最後の夏休みだし、 丁度、「思いで作りに良いのではないか。」と思い早速、専門学校時代からの友人チュウを誘った。 どこかへ出かける時は、毎回、思いついたら即実行なのね。8月14日に連絡を取り合い8月15日 の13:00に出発することにした。 今回は「夜中に流れ星を見ながら頂上まで登り、御来光を拝んで来る」&「頂上でHP更新」という 目的を実行しようと企てる。 行くのが決まれば登山の仕度である。インターネットで富士登山関係のHPを見ながら準備をした。
...出発...
次の日、ニュースでは「Uターンラッシュで東名高速上り線 由比PA付近7kmの渋滞」と言って いる。しかも富士山周辺の天気予報は降水確率50%以上らしい。ところで少々予定変更になった。 13:00になってもチュウが来ない。13:20頃、電話をすると「お前が迎えに来ると思ってい た。」とぬかすでわないか。慌てて荷物一式を車に積み込みチュウの家へ向かった。14:00過ぎ にチュウの家へ到着。チュウとチュウの荷物を車に積み込み、途中、登山用の食べ物と飲み物をコン ビニで購入し、東名高速の浜松西インターへ向かった。 15:00頃に高速へ入り豪快に加速して、本線へ合流。ここで飛ばして行くと登山までに体力がも たない。自分にしては珍しく走行車線をひたすら走行する。男二人、他愛の無い話をしながら順調に 目的地へ向かって走る。日本坂トンネルの手前で一瞬、自然渋滞なのか速度が落ちたが、すぐに回復 した。トンネルへ入る直前、左ルートと右ルートに分かれる。自分達は右ルートを選びトンネルへ突 入。蛍光灯照明のトンネル内は明るくて走りやすい。さて、トンネルを抜けた瞬間...、雨が土砂 降りである。前の車の水しぶきで視界が悪い。それまでの会話が、「.....。」になってしまっ た。一瞬、帰ろうかと思ったが、「とにかく、現地まで行ってみよう!!」ということに決定。が、 この辺で重要なことに気が付いた。 おてる:「ところで、どこのインターで降りるの?」 チュウ:「...!?...、お前、知ってるんじゃないのか?」 おてる:「...知らない...。」 チュウ:「えっ!?、シャトルバスの乗り場は?」 おてる:「...知らない...。」 まぁ、いつものことである(笑)。車に積んであった地図でチュウがルート検索モードに入った。人 間ナビ「チュウちゃん」登場である。時々、とんでもないルートを検索してくれるが(笑)。その結 果、清水ICで降り、富士山スカイラインの入り口までのルートが決定した。その後も雨が降ったり 止んだりを繰り返していたが高速を降りる頃には、すっかり止んでいた。 無事に高速を降り、まずは国道1号線。「チュウちゃんナビ」によると、暫く走ってから県道396 号線に入り、更に県道76号線に入ってほしいらしい。が、ここで失敗。最初の県道は入れたが、次 の県道76号線の入り口を通り過ぎてしまった。ちなみに県道76号線の入り口は狭いし案内看板は 無し。間違えても仕方ない。なんとか入った76号線は、山の中へ続いている、続いている、続いて いる...、「あれっ!?、すれ違いの出来ない道になったけど大丈夫なのか?、本当にこれでいい のか?」と不安になる。不安になりながらも走り続け峠を越えると、無事、富士川へ出た。さすが、 「チュウちゃんナビ」である。人を「ドキドキ」させることも出来るのである。チュウ自身も「ドキ ドキ」したらしいのだがね(笑)。暫く走ると富士宮の町へ入り、左手に浅間大社を見ながら無事、 富士山スカイライン(県道180号線)へ辿り着いた。ここで、とある店の駐車場へ停車し、ノート PCと携帯電話を取り出し接続、シャトルバスの発着所と値段と時間を調べる為、インターネット開 始である。すると発着所は「西臼塚」という所で値段は往復大人1600円、30分毎に出ているこ とが分かった。地図で確認した後、途中のコンビニで今日の夕飯を買い込む。そして雨時々霧の富士 山スカイラインを慎重に走り17:00頃、無事に「西臼塚」へ到着した。 早速、バスの往復券を購入し、19:00発のバスへ乗ることを決めた。ということで、18:30 まで仮眠を取る為、レカロシートを倒して暫く休息。18:15頃にゴソゴソと起き上がりコンビニ で買った夕飯を食い登山の準備に入る。ここで一つの目的を断念することにした。それは、頂上でH Pを更新することである。断念した理由は、ここ二号目で、既に携帯電話の電波状況が悪い事と天気 が悪いこと、そして自分達の頭も悪い為(笑)。一通り準備が整い18:50頃、一番に19:00 発のシャトルバスの一番前の席へ。いよいよ、富士山登山口のある新五号目へ向けて出発である。
...行きのシャトルバス...
結局、19:00発だったのに乗客待ちで19:10頃かな?出発したのが。山の中なので、みるみ るうちに外が暗くなっていく。バスは富士山スカイライン(県道180号線)から県道152号線へ 入った。あっ、これも富士山スカイラインなんだけどね。しばらく登ると左側に鹿が居た。一瞬、置 物かと思ったが動いたから本物だろう。とにかくグネグネした道をひたすら登る。コーナーの度に、 センターラインを思いっきりオーバーするのが、ちょみっと気になったが...。暫くすると上の方 から明るい光が見えた。おぉ、ついに登山口駐車場かと思ったら巨大な真ん丸お月様だった。チュウ は、UFOの基地だとかデススターだとかぬかしておった。TVの見過ぎっちゅうねん(^^;。と、く だらないことを言っていたら19:30ちょい過ぎに無事、登山口のある新五号目へ到着した。そそ くさとバスを降り土産物屋兼山小屋?である建物へ向かった。「これから登山だ、がんばるぞ!!」 という気持ちと「本当に頂上まで行けるんかいな?」という不安を抱きながら...。

次へ

▲Top