- Home -


<GT-R・トップ>
過去の愛車
Last Update : 2005/07/04
※:写真が見つかり次第、張り替えします。

スターレット(5ドアハッチバック) EP71

入社してから7ヶ月程、お世話になった。グレード名は確か「ソレイユL」だったと思う。ボディー
カラーは白。ちょっと見るといかにも社用車って感じだった。
5ドア、重ステ、分散手動ドアロック、ハンドパワーウィンドウ...、全て手動。一応、エアコ
ンはあった。オーディオはAMラジオのみ。
とりあえず、運転の練習にはなった。傷もつけたし、パンクもしたし。この頃はタイヤが4つあれ
ば何でもよかったんだよな。

スターレット(EP71)
最初の練習車?、スターレット

シビックSiRU(3ドアハッチバック) EG6

グレードはSiRU、ボディーカラーは黒、サンルーフ付き。
この車に乗ってから「走り、スポーツ走行」に目覚めた。しかし、かなり無謀な走りにも目覚めた
かも...(^^;。これに乗っていた頃は、マフラー交換とかは違法だったんだよな。だからホイルを
エンケイのレーシングSにしていたぐらいでノーマルだった。でもエンジンが気持ち良く回ったから
結構満足していた。しかし、そのエンジンが気持ち良く回っている時に追い越しに失敗してトラック
(車を運ぶヤツ)に右オフセット正面衝突して全損。トラックもフレームまで曲がり自走不可。自分
は...、鼻血ブーで済んだ(^^;。1年と3ヶ月の付き合いだった(涙)。
結構、気に入ってたんだよなぁ、この車...。

シビックSiRU
大破した愛車(アニメーションGIF size:101KB)
大破した愛車 − 今のところこの写真しかない(涙)。
写真をデジカメで写したので見にくいかも...。

Today ポシェット(2ドアハッチバック)

おい、おい、生産中止か?探したけど見つからない。ホンダの軽自動車なんだけど...。
親が「あんたにはスポーツタイプの車は危ないから!!」ということで軽自動車を新車で買わされた。
しかし、一度芽生えた走りの血は収まらなかった。事故から8ヶ月後には日産へちょくちょく足を運
んでいた(^^;。
結局、家の母親がこの車をタダで引き継ぐことにして自分は、またもや新車へ。
付き合いは約9ヶ月...、みっ、短い。

スカイライン GTS25−t(4ドアセダン)ECR33

結局、事故ったその年にはこの車に乗っていた(^^;。最初は2ドアクーペに乗ろうと思っていたが、
親父の強烈な反対にあい撃沈。きっとまた調子にのって走り事故るかもしれないということで、4枚
ドアにさせておけば大丈夫だろうという思いもあったのだろう。しかし...、マフラーが太くなり
ボンネットあたりから「パシュパシュ」いう音がするようになり、車高が低くなり乗り心地が悪くな
り、ブーストアップ、スピードリミッタをカット、その他諸々。
足回りのバランスが悪かったので高速コーナーは怖かったが、直線だけは異様に速かった。
初めて車検に通した車(笑)。
付き合いは4年と9ヶ月。

愛車その1 愛車その2
会津若松方面へぶらり旅に出た時の写真。
これも写真をデジカメで写したので見にくいかも...。

スカイライン GT−t(2ドアクーペ)ER34

平成10年7月に新車で購入。平成16年4月17日まで我が愛車として乗っていた。R33スカイ
ラインに比べれば格段に性能アップ。足回りの交換、椅子の交換、マフラーの交換、各所の剛性アッ
プのパーツを装着したぐらいの超ライトチューニングで乗っていたけど、楽しい車だった。

詳細は、こちらR34スカイラインのパーツ交換記録

−−− 追記 −−−
下取り価格¥1,375,200だったのが自宅の近所で以下の通りの値段で売られていた(笑)。

ポルシェ911カレラ E−993

平成16年4月17日から平成17年1月22日まで。

ポルシェ911カレラ(E−993)
平成16年4月に中古車で購入。一般サラリーマンの年収を、はるかに上回る身分不相応な車に手を 出してみた(笑)。維持は困難かと思われたが、普通の国産より少々高いぐらいで買ってしまえば、 あとは庶民でも維持できる。ただ、このポルシェという車を通して知り合いになった方達は金持ちの 人達ばかり(^^;。自分とは違う世界が覗けて楽しかったけどね。また、そういう違う世界の人達に頼 んで、一生に1回乗れるか乗れないかなんていう車にも乗せてもらう貴重な体験も出来た。>もちろ ん、無料でね(笑)。 結構楽しかったのだが、それも長く続かず、平成17年1月22日(土)に東名高速道路下り線を走 行中、車線変更を行った時にタイヤがバースト(パンク)してクルクルとスピン。そのまま中央分離 帯の餌食になり廃車(泣)。ただ不幸中の幸いなのか単独事故で済み、関係無い人達を巻き込むこと も無く、乗っていた本人(ワタクシ)も首の鞭打ちだけで無傷で生還した!!。 問題のタイヤはダンロップの最高峰の物だったがポルシェにとっては2流品の物だったようだ。この 事故を通して「タイヤはケチるな!!。」ということを学んだ。>高い学習費(^^;。 詳細は、こちら


そして、今の車へと続く...。


▲Top