<クワガタ トップ> <飼育日誌トップ>


アクセスカウンタ
Since 2004.02.17
本日のアクセス数:本日のカウンタ、昨日のアクセス数:昨日のカウンタ



ノコギリクワガタ
ノコギリの頭

−−− 始めに。 −−−
ここで紹介するノコギリクワガタは去年、捕獲した成虫達2ペアが残していった子供達です。昔から 生き物の飼育、繁殖は好きでやっていたがクワガタは今回が初めて。どうなることやら...。 もう、既に2令、または3令幼虫にまで成長してしまって中途半端だけど、この時点から日誌を始め ます。
−−−−−−


2000/10/12
撮影は出来なかったが一令幼虫を2匹発見した。卵も、まだ2〜3粒は確認出来る。きっと、外から 見えない部分にも産卵してあるだろう。去年に続いて今年も無事に繁殖成功しそうだ。さて、今回は 第二回目の繁殖になるので、少しは冒険してみよう。カブトと同じく幼虫の餌(クヌギマット)に添 加物を加え、大きな固体を育てる。その前にもう少し大きくなってくれないと無理だね。最低でも二 令幼虫になるまでは、そのまま放って置くことにする。あっ、そうそう、この卵と幼虫の親はオスも メスも寿命が尽きてお亡くなりになられた。 今年、幼虫から成虫に無事、育ったノコギリクワガタを撮影してみた。今年は、餌も食べずに成虫の まま越冬する。実際、羽化してから餌を一口も食べてないのに生きている。来年の夏に活動する予定 の成虫達である。
オス達の勢揃い メス達の勢揃い
クワ コレクション(笑)。



2000/9/10
昨日、ノコギリペアを飼育していたケースの下側に産みつけられていた卵を撮影してみた。 赤丸で囲ってある部分が卵なんだけど分かるかな? これっす。 それから羽化して一週間以上経った二匹の成虫を取り出してみた。いままで、こいつ達が入っていた お家はこれ。 取り出しを開始しようとして蓋を開けた。瓶の中は土で満タンである。焼き鳥の串を駆使(笑)して 少しずつ土を取り除いていくと蛹室に行き当たった。丁寧に蛹室を壊すと、クワちゃんが現れた。 早速、取り出してみたのだが...。>これ。 大きさも丁度良く形も良いのに、残念なことに前羽が伸びきらなかったらしい。羽化不全である。通 常の生活をする分には大丈夫だと思われる。 もう一匹がこれ。栄養失調なのかな? それと6本の足のうち、2本意外が異常(ツメが無い)だっ た。羽化不全というより奇形かな。これでは、とてもじゃないが野生を生き抜くのは無理っぽい。 とにかく責任をもって最後まで面倒を見なければ...。


2000/8/29
今日の朝、第二陣のオスのサナギが羽化していた。まだ、皮を脱いだばかりだったので羽が真っ白。 もう一匹も昨日、羽化したらしかった。これもオス。>撮影はしていない。 あと、一つのケースに六〜七匹ぐらい一緒にしてあるケースがあるのだが、この中の幼虫も一部、サ ナギになっていた。蓋を開けたらこんな感じだった。朽木は穴だらけである。朽木のアップ。みんな 今のうちに成虫になるみたいだが、活動しだすのは来年の夏である。それまでは、成虫のまま越冬す る。うまく越冬できればいいのだが。さて、どうなることやら。 で、悲しいことに同じ兄弟でありながら早く羽化してしまったノコちゃんのオスは、今日の朝、死ん でいた。今年の5/30に羽化した奴である。なんで、同じ環境で育っていながら、こんなに違いが でるのだろうか?不思議である。


2000/8/26
今回は第一陣(6月〜8月上旬)の成虫になった奴達を撮影した。今また、第二陣として幼虫達が、 続々とサナギになっていっている。第二陣は何故か栄養失調らしいオスが多い。逆にメスは第二陣の 方が第一陣より二周り程大きい。来月上旬には続々と成虫になり、そのまま越冬に入るだろう。
中々、良い形のオスである。色は黒っぽい。
これも、良い形のオスである。赤茶っぽい。クワが「グワァッ」と開いていてカッコイイ!!
栄養が足りない!?、オス。クワが「グワァッ」と開いているけど貧弱(^^;。
メス。標準よりちょっと小さい!?
もう一匹、羽化したメスが居るのだが、掘り返すのも面倒で放ってある。大きさは上の写真のメスと 変わらない。来年は、こいつ達が一気に活動するから大変だ!!


2000/7/26
20日も経ってしまったわりには、これといった動きは無し。あっ、もちろん前回サナギだったオス とメスは成虫になっているが、どっちもやる気の無さが伝わってくる。今年の夏は寝るだけらしい。 6/29に活動を開始させた自家繁殖ノコちゃんは元気に活動中である。野外からお嫁さんも連れて きた。もちろん、メスとムフフ状態になっているのも確認済み。二世代繁殖は成功するのか?
やる気の無いオスとメス(笑)。


2000/7/6
オスのサナギが羽化寸前なので撮影出来るか頑張ってみたが、まだ何の反応も無し。明日も仕事だか ら諦めよう。多分、明日の朝には羽化完了していると思われる。こいつともう一匹、ノコギリのメス と思われるサナギが羽化してしまうとヒラタと思われるサナギ以外は全て幼虫である。しかもサナギ になる気配は無い。


2000/7/2
6/16にサナギになったのを確認したノコギリのオスが午前中の暑い中、羽化していた。あと今週 中には立派なオスと普通のメスが羽化する予定。ノコギリばかり増えてしまった。こんなに簡単に増 えるとは思わなかった。何匹かは手許に置いておいて次の繁殖に繋げようと思う。次は、どうすれば 大きな成虫にさせることができるかが課題だ。
あいかわらず、見にくい写真でスマン!!、クワしか見えんよね。


2000/6/29
2000/5/30に羽化を確認したオスであるが、来年まで休眠するのかと思ったら自分でヒョッ コリ出てきてしまった。ということで今年の夏を謳歌するらしい。早速、餌を与えたら食べ出した。 ということは野生のメスを捕獲しなければならないじゃん。この前、捕まえたけど、その場へ逃がし てきちゃったよぉ〜。まぁ、ノコギリのメスは意外と簡単に捕獲出来るからいいか。次の世代へと繋 がる第2回目の繁殖にも成功させたい。
ヒョッコリ出てきた奴。あまり大きくないがクワの形、体形等がしっかりしていた。


2000/6/20
出社前に一通り覗いてみると、6/3にサナギになったメスが羽化した直後だった。17日で成虫に なったからオスよりも2日程早かった。なんかねぇ〜、ちょっと見るとゴキブリみたい。これでオス ・メス各一匹ずつ成虫になった。ちなみに成虫になった奴は全て去年の奴の子供。あと一匹オスの栄 養失調?がサナギの状態。残りはサナギになる兆候全く無し。それから、ヒラタのコーナーから移っ てきたオスのサナギが二匹か。どうやって管理しておこうかな。
ちょっと見るとゴキブリ?。羽化直後のノコギリのメス。


2000/6/16
さて、暫く放っておいたら、もう一匹サナギになっていた。オスである。これが、栄養失調だったの か、クワの形が一直線なんだよね。こいつ達の親であろうオスは、ちゃんとしたクワだったのに。何 が関係しているのかな。6月下旬頃から7月上旬には成虫になるであろう。この前、サナギになった メスはもうすぐ成虫になると思われる。
栄養が足りなかった?、オスのノコギリのサナギ。


2000/6/3
成虫になる奴も居ればサナギになる奴もいる。いまだに平気で幼虫の奴までいる。今日は、ノコギリ の幼虫がサナギ(メス)に変身した。変身の様子を撮影することに成功したので是非、見てみてね。 あっ、ド素人の写真撮影なので見にくくても文句は言わないでね(笑)。 カブト・クワガタ編の特集に掲載しました。


2000/5/30
はい、おめでとう。 蛹になってから19日で無事、成虫になった。もう少し時間がかかると思ったのだが、早かったね。 もう体全体が黒赤茶色に変色していたが、まだクワの付け根が白っぽくて初々しい感じ。噂によると このまま来年までお休みするらしい。そんで来年の夏に精一杯活動して一生を終えるらしい。さて、 本当に来年まで寝ているのだろうか...。その前に、どうやって保存しておこうか。忘れないとこ ろにしまっておかないと記憶から削除されそう。 これも話で聞いただけなのだが、荒業として冷蔵庫(冷凍庫?)に暫く入れてから、また暖かいとこ に出せば一回冬を越したものと思って出てくるらしいが、今回はやめておこう。
まだ、大人になりたて。クワの付け根が初々しい(^^;。


2000/5/11
遂に、一匹だけなんだけど蛹になる寸前っす。なるべく刺激をしないように撮影してみたけど、これ がまた、写真だとよく分からんね。もう一匹は2000/4/20に撮影した奴っす。だいぶ巨大化 したっす。写真でわかるかなぁ〜。こいつは、まだ蛹になる気配は全くない。
蛹になる寸前、仰向け状態でじっとしている
2000/4/20に撮影した幼虫は、かなり巨大化した
実は、上記の文と写真は11日になって、すぐ、作成したもの。(AM1:00頃) で、会社から帰ってきてから確認したらなんと蛹になっていた。大顎が確認できるので、オス。写真 や絵などでは何回も見たことがあったけど、実物は初めて。 早速、写真を撮ってみたけど、コーヒービンの底に部屋を作られた為、ビンの模様などで分かりにく い。ビンが揺れたりして刺激を受けると、お尻をグリグリ動かして向きが変わっていく。 さて、何時、羽化(蛹から成虫へなる)するのだろうか。楽しみである。
蛹(クワの部分)
蛹、横から(腹の部分)
ちょうど、こんな感じで横たわっている(蛹の図)


2000/4/28
ビンへ移した幼虫達は、続々と脱皮をし殆どが3令へとレベルアップした。あとは別にこれといった 動きはないっす。
2000/4/20に撮影した幼虫のその後
写真だと、あんまり違いが分からんね。


2000/4/20
昨日の夜、ビンに移したうちの一匹が2令から3令へ脱皮したばかりだったのを見つけたので、さっ そく撮影した。とりあえず下手に動かすと死にそうなので慎重にビンを寝かせて「パシャパシャ」と 写してみた。でも、今ごろ3令になったけど今年の夏に間に合うんかいな?
脱皮直後の幼虫 その1
赤丸の部分に脱いだ皮が見える


2000/4/9
今まで大き目のプラスチックの容器に数十匹入れて飼育していたが蛹になる前に一匹ずつビンへ移す ことにした。あと共食いをすることがあるというのを聞いたので、それも防ぐことになる。ビンは、 コーヒーの空き瓶を利用した。一応は雑菌が入らないようにビンをお湯で洗浄。とりあえず、これで 一安心じゃ。
3令幼虫 その1
3令幼虫 その2


▲Top