2006年4月 独り言トップ 2006年2月


2006年3月
3/5(日)
えぇ〜、今日、35歳になったっす...。四捨五入すると、シソジ(^^;。もぉ〜、全 然嬉しくもないね。寿命が80歳とすると、そろそろ、人生の中盤かぁ〜。あんまり、 実感がわかないっすけど。 ワタクシが生まれた日、そう、1971年3月5日は小雪がチラチラと舞う寒い日だっ たらしいんだけど、今日はポカポカ暖かかった。 1983年...。今から23年前。自動車の大きな変化というと、 ドアミラーが認可、新車からの1回目の車検が3年に延長。 この当時速かった車はニッサン勢だ。また、1600cc時代のレビン/トレノとシビ ックの競い合いが始まったころでもあるようだ。 フェアレディーZ スカイライン ターボRS シルビア ターボRS・X CR−X(バラード・スポーツ) コスモ・ロータリーターボGT シビック ファミリア ターボ レビン/トレノ アスカ ターボLS 上記の中で、現在、まだ、生産されているのは、フェアレディーZ、スカイライン(名 前だけだけど(^^;)、シビック。生き残っている車が非常に少ない(悲)。
▲Top


3/2(木)
一昔前の車の記録雑誌を読んでいるところっす。1980年代も前半。この頃は車やバ イクには全く興味が無く友達は「昆虫」だったねぇ〜(^^;。でも、掲載されている写真 を見ると懐かしい車ばかり。デザインも、カッコ良い、カッコ悪いは別として、それぞ れに個性がある。今なんて、言っちゃぁ〜悪いが、どれも、これも同じに見える。同じ メーカーの車かと思ったら他メーカー同士の車だったなんてこともあり...。まっ、 それは別の機会に述べるとして、今回は1982年に注目!!。 技術が向上してきたことにより、採用されだしたのが、ターボ、DOHC、それから、 電子制御。 そして、2BOXの車はFF化、スポーティーカーはFRというような流れに変化しだ した時代らしい。 もう一つは、とても大事なタイヤだ。これまでは70扁平が主流だったのだが、60扁 平が認可された年。この年に早速、認可されたタイヤを装着した車種は、カペラ(マツ ダ)、フェアレディZターボ(ニッサン)で、選択されたタイヤメーカーはブリジスト ン(RE86)。 ちなみに、エンジン出力は全てグロス値で公表されている。よく昔の車雑誌を読んでい ると「グロス」とか「ネット」とか書いてあるけど、簡単に言うと、「グロス」はエン ジン単体での出力を計測した値で、「ネット」は自動車のエンジンルームに搭載されて いるのと同じ条件で出力を計測した値。 今現在はカタログなどの公表は「ネット」のほうが使われている。で、グロスの出力値 の約85%がネットの出力値であることも付け加えておこう。 さて、当時は、どんな車が速かったのだろう??。 サバンナRX−7 GT−X     (G:130ps、N:110.50ps) コスモ・ロータリーターボGT    (G:160ps、N:136.00ps) スタリオン・ターボGSR2     (G:145ps、N:123.25ps) セリカXX 2000GT      (G:160ps、N:136.00ps) スカイラインRS          (G:150ps、N:127.50ps) ソアラ2800GT         (G:170ps、N:144.50ps) プレリュード1.8XX       (G:125ps、N:106.25ps) ガゼールRSエクストラ       (G:159ps、N:135.15ps) コルディアXG1600GSRターボ (G:115ps、N: 97.75ps) ピアッツァXF           (G:135ps、N:114.75ps) ※:「G」はグロス、「N」はネット。 注目は、NAであり、SOHC3バルブのエンジンを搭載のプレリュード。FFモデル でもあるのよ。流石はホンダだね。 ところで、コルディアなんて車、知らないんだけど(^^;。GSRというからには三菱だ と思われるが...。ガゼールはシルビアとの兄弟車でニッサン、ピアッツァは今は無 き?、「いすゞ」というメーカーの車。 関係ないようで関係ある、この年の女性アイドル。 松本伊代、岩崎良美、伊藤つかさ...。 ワタクシは10歳のガキだった遠い昔の話だ(^^;。次回は1983年に注目!!。
▲Top


3/1(水)
花粉症と回虫。「花粉症」、「回虫」というキーワードで検索をかけると沢山の情報が 得られるので詳細は自分で調べてもらうとして...。 ところで、興味深いことに、どこのページにも、ほとんど共通したデータが掲載されて いる。 「回虫が減るとともに、アトピー、気管支喘息、花粉症が増加した。」 「寄生虫を排除したためにアレルギー疾患が増えた。」 また、清潔にしすぎていると、抵抗力、免疫力の低下に陥り、結果として感染症の流行 にもつながるらしい。最近、流行の「抗菌グッズ」は、逆に良くないみたい(^^;。 ただし、上記の事の詳細は、まだわかっていないらしいっすね。 ところで...、 現在、ワタクシ、全く花粉症の症状は出ていない。もっ、もしかして、腹の中で回虫を 養殖しているのか?。自宅の部屋の中は、かなり汚いし、抗菌グッズには興味無し。な んだか、上記のデータを実証しているような、いないような...(^^;。 なんだったら、回虫、わけてあげようか?。>花粉症の方々(笑)。そうだな、回虫、 1匹100円ぐらいでどう?(^^;;;;;。
▲Top