2006年11月 独り言トップ 2006年9月


2006年10月
10/31(火)
10月29日(日)にフィリピン人研修生のリアさんと中国人のドゥさんと自分の弟と ワタクシの4人で紅葉を見に行ってきた。 フィリピンは一年中、暖かいから紅葉は見たことがないということと、紅葉とは、どん な感じの風景なのか、大変、興味があるようだった。こちらも、紅葉の素晴らしさを教 えてあげたかったので、ちょうど良かったっす。 で...。 とにかく、安全第一で走行していたのだが、日本語だけでの会話は厳しいため、英語も 使わないといけない。が、おバカさんなワタクシは自分の言いたい英単語すら言えない 状況。安全運転は常に周囲に気を配る必要があるのだが、一生懸命、英単語を思い出す 作業まで加わって違う意味で大変だった(^^;。 なんとか、無事に目的地へ行って、日本の紅葉を見せてあげて(少し終わりかけていた けど)、日本のウドンを食べさせてあげて、ついでに珍しい土産物も買ってあげた。と ても、喜んでもらえたので良かったっす(^o^)。 リアさんは、まだ若くて、色々な物に興味を示す。一応、日本語で聞いてくるんだけど さ、そのまま日本語で説明しても伝わらない。何か聞かれる度に、「何て説明したら伝 わるのかなぁ〜??。」って、こちらも考えるのよ。そして、回転の悪い頭を無理矢理 に回転させて、リアさんが理解できる日本語と英語(英単語を並べただけ(^^;)と、最 後の手段であるジェスチャーを使って説明をしてあげた。どこまで伝わったかはわから ないが...(笑)。 昨日で研修センターへ帰ってしまったが、また、今年の12月〜来年の1月末まで、ワ タクシの会社へ再び来るらしいので、それまでには、もう少し英語(英単語)の勉強を しておこう。 今回、学んだ事。どうしても伝わらない時は、「ジェスチャー」だ!!(笑)。 最近、ワタクシが注目している「お笑い」芸人は「クールポコ」。もっと、色々な「お 笑い」番組に出て欲しいし、芸風を変えずに維持して欲しい。

がんばれっ!!、「クールポコ」。

▲Top


10/30(月)
最近のお気に入り。曲とアニメーションが、カッチョ良い。 以下のものが見れない方は、Flash Player 9をインストールしてね。

次回は、最近、お気に入りの「お笑い」コンビを紹介しよう。

これっ、楽でいいなぁ〜。

▲Top


10/23(月)
今朝、通勤途中に危うくトラックに突っ込まれそうになった。マジ、やばかったっす。 ワタクシは信号機のある交差点で自分の進行方向の信号が赤だったので青になるのを待 つために停止していた。ちなみに、一番先頭。で、自分の進行方向が青になったので、 普通に発進をして交差点内に進入したところ、左側から青い物体が勢いよく走ってくる のが目に入ってきた。ほんの一瞬だけ、「!?」だったけど、瞬間的に「ヤバッ、突っ 込まれる!!。」という危険を察知。そして、すぐにアクセルをベタ踏みの全開。 すでに交差点内に進入していたので、ブレーキをかけたら完全に衝突するのを瞬間的に 判断したようで、右足が勝手にアクセルをベタ踏みしてくれた(^^;。左側面に迫りくる 青色の物体...、「あっ、ダメかも!!。」という思いもあったが、ギリギリ衝突さ れずに済んだ。 信号を見落として突っ込んできたらしい青のトラックは交差点内で停止。何事もなかっ たかのように交差点を通り過ぎたワタクシは走り去りながらもルームミラーで確認して いたのだが、トラックはバックして戻っていた。 今朝の通勤者は軽自動車のパジェ子だったから衝突されていたら、どうなっていたんだ ろう?。そして、もし、ターボ搭載車じゃない普通の軽自動車だったら、果たしてアク セルをベタ踏みで衝突を回避できたのだろうか?。 それにしても、普段は運動神経が鈍くて「ボケ〜っ・・・」としている自分なのに、よ くも瞬間的判断で衝突を回避できたなぁ。いつもの通り運が良かっただけなのかもしれ ないけど(^^;;;;;。パジェ子のターボに感謝感謝だよ。今週は土曜日にキレイキレイし てあげよう。って、買ってから2年少々、2回目の洗車になるのか?(笑)。
▲Top


10/16(月)
買ってから2年も経って、初めてHP上に掲載の、もう一台の我が愛車。
パジェ子 パジェ子
紹介、終了(笑)。 勉強熱心なフィリピン人のリアさん。休日に浜松城へ行ってきたそうだ。 いきなり、「腹切(ハラキリ)」のことを聞かれたっすよ。とりあえず、「切腹(せっ ぷく)」とも言うことを教えてあげた。電子辞書で調べてみると、 切腹 : harakiri なんて出てきた。 切腹とは、どういうことなのかも勉強してきたそうで、英語と日本語とジェスチャーで 色々と話してくれた。 あと、フィリピンでは、「サムライ=日本刀」と認識されているらしいが、浜松城の資 料から「サムライ≠日本刀」ということを知ったそうだ。 サムライ = 武士(人)。 日本刀  = ソード(刀)。 日本の歴史についても興味があるようだ。とりあえず、江戸時代、明治、大正、昭和、 平成という日本独自の年号があることを教えてあげたら喜んでいた。 が、江戸時代と言っても、いっぱい年号があるじゃんね。これを解説するのは難しいの で割愛しちゃった(^^;;;;;。 ついでに、今日は、遠州弁も教えてあげた。>何を教えているねん!!(笑)。 本当ですか?。  = 本当けぇ〜?。 そうですよね?。 = そうだらぁ〜?。 あと、タガログ語も教えてもらえそう。今日は、一つだけ教えてもらった。 日本語   : 私 英語    : I 中国語   : 我 タガログ語 : アコ(スペルは教えてもらってない。) が、オッサン化してきているワタクシの脳は吸収力が低下中。イッパイ、教えてもらっ ても、覚えきれないっす...。 明日はタガログ語で「これは何ですか?」を言うには、どういうのか教えてもらおう。 日本語   : これは(あれは)何ですか?。 英語    : What is this(that)?. 中国語   : 這(那)是什麼?。(簡体字は文字化けするので繁体字)         チャー(ナー) シー シェン マ?。 タガログ語 : ???。 すげぇ〜、一気に4つの言語が話せるようになるっすよ。ワタクシの脳ミソが、ちゃん と吸収してくれればの話だけど...(笑)。
▲Top


10/15(日)
祝、4万キロ!!。
我が愛車、GT−Rが自分の手元に来てから、約1年3ヶ月。オーナーになってから走 った距離は、まだ8,500km。 で、今になって総走行距離が4万キロになった。家へ帰ってきたら、4万10kmに。 本当に、乗ってないねぇ〜(^^;;;;;。別に愛情が無いわけではないのよ。ちょっと大事 にし過ぎ。過保護ってやつ(笑)。 ちなみに、パジェ子は、近所移動でしか使用しない。が、GT−Rよりは長い距離走っ ていると思われる。納車日が2年前の9月9日ということしか覚えていなくて、納車時 の総走行距離が何キロだったか全く記憶にもなく、記録にもない(^^;。それでも、もう すぐ12年落ちになるのに、総走行距離は約43、200kmぐらいと、経過年数の割 りに、かなり少ない距離となっている。 でも、パジェ子は、最近、色々とトラブルが出てきた。 昨日なんだけど、バンドの練習へ行く途中にドライブレンジの「D」ランプが切れやが った。とりあえず、レンジランプが何も点いていない時は、ドライブレンジに入ってい るというのがわかるから、修理はせずに乗る。あっ、あと、久しぶりにパジェ子のノー マルデッキでカセットを聞こうとして、カセットテープを入れたら、カセットテープを 飲み込んだままになった。何をしても出てこないっす(;o;)。 GT−R用に1DINのHDD搭載デッキを買ってきて、GT−Rのノーマルデッキを パジェ子に移植しようか、このまま放っておくか、悩んでいるところ。今になってさ、 新品のオーディオデッキを買ってきて、GT−Rに装着する気がおきないんだよねぇ。 理由は自分がオッサンになったのと、面倒臭いから(^^;。 最近は、GT−Rに乗っていても、パジェ子に乗っていても、FMラジオしか聞かない から、暫くは放置プレーにする予定。
▲Top


10/11(水)
過去にもネタとして登場したものなんだけど...。
== ナショナル 「Pana Color」 ==
今現在も、自分の部屋で使っている『現役バリバリ』のテレビは生産開始年が、なんと ≪ 昭和58年 ≫のものである。最近は西暦じゃないと計算ができない自分なので、 何年前のものになるんだ??。まっ、それはいいとして、とにかく結構古いものなのに ほぼ毎日使用しているテレビなのよ。 で、現在、この手のテレビって、いくらぐらいで取引されているのか興味があったので 調べてみたら、取引の価格の前に気になるページにヒットした。 気になる部分を引用: ********** 平成10年の謹告内容 ********* ...中略 ...  弊社、カラーテレビの中で、昭和58年から昭和63年に製造いたしました下記21 機種におきまして、お客様の長期ご使用中で、製品の一部部品の経年劣化やホコリ、ス ス、油煙などの堆積状況によっては、ごくまれに発火に至る可能性があることが判明し ました。  つきましては事故防止の観点から、念のため点検させていただきたく、ご使用中のお 客様におかれましては誠に恐縮ではございますが、上記窓口までお申し出くださいます よう、謹んでお願い申し上げます。 ...中略 ... おてる:「ふ〜ん、そうなんだ。」 さて、その下の方に該当機種一覧があったので、見てみた。
 生産開始年 
機種名
昭和58年TH14−N9(N)TH19−L55GRTH21−H55GR  
昭和59年TH15−M3RTH15−M4VRTH19−L1VR  
昭和60年TH11−S29TH14−N39RTH15−M15VRTH15−M5GTH15−M8VR
〜 以下、省略 〜
で、もう一度、自分のテレビの以下の部分を、目を見開いて、よぉ〜く確認。 ...。 > (しばし、沈黙) 「んがっ!?、もろ、該当機種やんけぇ〜!!。」(笑) すでに数年前に発表された情報だけど、今でも連絡すれば対策してくれるの??。
▲Top


10/10(火)
フィリピン人のリアさん。早速、電気屋さんへ行って電子辞書を買ってきた。値段を聞 いたら「約4万円ぐらいです。」と言っていた。う〜ん、高いな...。 早速、今日の昼休みの小さなアジア人同士の会話に使ってみた。長文を打ち込んで変換 というよりも、リアさんは理解できない日本単語を英語に変換して使い、1つ1つの日 本語単語を覚えたいようだ。 今度からは、これに筆談も加えて日本語、中国語(北京語)、英語をならべようかな。 簡単な短い文章ならワタクシからだと中国語と英語を同時に習得できそう。 ちなみにリアさんは、漢字にも興味があるらしく、漢字を覚える(字の意味ね)のが楽 しいそうだ。 パジェ子。 最近、気温が下がったからなのか、インタークーラー周囲の不要だと思われるものを外 したからなのか、燃費が上がった。いつも、変わらない運転をしているのに...。 近頃は8.5km/リッターを連続で記録している。近所の移動と通勤ぐらいで長距離 は全く走っていないっすよ。 まっ、でも軽自動車のクセに8.5km/リッターは燃費悪いっすよね。でもさ、よく 考えてみると、11年落ち、パートタイム4WD、ターボエンジンに加えて3速ATな んだよねぇ〜。もしかしたら、案外、良い結果なんだろうか?。う〜ん、わからん。 で、GT−Rは、あと23km走行すると総走行距離が40,000kmに達する。自 分がオーナーになってから1年3ヶ月。納車時の総走行距離は31,500kmだった から、まだ、1万キロも走ってないんだよね。GT−Rの前に乗っていたポルシェはオ ーナー期間は、たったの9ヶ月なのに1万キロ以上は乗ったのよ。 さてさて、こういう車では、あまり意味がないかもしれないが...。 GT−Rになってから燃費の計算はしていない。燃費が、どうのこうのいう車ではない からね。でも、総合的に見るとポルシェのほうが良かったね。これ、本当っす。特に高 速道路を走るとポルシェは劇的に燃費が伸びる。あまりにもエンジン回転を上げると、 そうでもないけど、周囲の速度より少し高めぐらいを維持していると10km/Lぐら いはいく。GT−Rは、高速で燃費走行をしても、せいぜい8km中盤/Lだ。 オーナーであることや運転の楽しさはポルシェの方が上をいくけど、絶対的な速さ(特 に直線)は、GT−Rだね。山道とかのコーナリングは、もしかするとRRのポルシェ の方が速いかもしれないけど...。対戦したことがないからわからない。 つい最近も、911カレラと直線バトルになったけど、ポルシェのほうが、あっという 間に豆粒になっていった(^^;;;;;。でもでも、遅くても向こうの車の方が乗っていて楽 しいのは間違いない。GT−Rもいいけど、ポルシェも、もう一回乗りたい...。 これっ、切実な願いっすよ。
▲Top


10/9(月)
突然っすが...。 2006年12月17日(日)の夕方から飲み屋さんを貸切で、我がバンドの第2回目 のライブ??を開催することが、ほぼ決定したっす。すでに下見をしてきたのだが、最 大でも25名が限界の小さな所っす。 詳細は、まだ、これから煮詰めるところなんだけど、1ドリンク付きで500円ぐらい を想定しているので、是非、時間が取れそうな方、遊びに来てぇ〜!!。 ちなみに、演奏レベルは期待しないでね(笑)。 基本コンセプトは、「我々と一緒に『音』を『楽』しもうぜっ!!。」と、いう感じの もの。 浜松の街中から、ほんの少しだけ外れた場所だけど、駅からは近いと思われるので、ほ んとうに気軽に、どうぞ!!。 で、我がバンドのホームページも作成するように指令が来ているのだが、中々、時間が 取れなくて、「どうしよう!!」と途方にくれているオテルっす。 詳細事項まで、しっかりと固まった時点で改めて開催場所や時間を発表させていただき たいと思っているところっす。 ワタクシ、リズム感が無いのに「ドラム」をやっているので、今から死ぬ気で練習しな いとヤバイっす(^^;;;;;。とりあえず、失敗する可能性のほうが大きいけど頑張ってみ るっす。うっ、今からだったら、失敗しても失敗してないように見せる技術を身につけ たほうがいいかな。う〜ん、それは、それで、難しいぞ!!。
▲Top


10/5(木)
昼ご飯の時って、いつも中国人(女性)のドゥさんと一緒。会話は日本語でしている。 時々、お互いに、何を言いたいのか?、言っているのか?、理解不能の時もあるけど、 特に不便を感じたことはない。 で、今日からは、研修のために来日したフィリピン人(女性)が加わった。フィリピン 人、中国人、日本人のアジア人同士の小さな集まりである(^^;。 大学卒業したばかりの21歳のリア**さん(伏字勘弁してね)。一応、日本語は少し だけ話せて理解できるけど、難しい日本語や早口で話される日本語は理解できないとの こと。そして、フィリピンの公用語は英語。 ドゥさんは4*歳の中国人、中国語(北京語)と日本語が話せるが英語は苦手らしい。 ワタクシ、35歳、おてるは...、日本語(遠州弁)のみ(笑)。中国語(北京語) は挫折したし、英語はサッパリわからん...。 同じアジア人でありながら、言語も習慣も違う人間が一緒にご飯を食べるなんて滅多に ないでしょ?。ちょっと緊張したけど、興味だけは大いにあり、聞きたいこともイッパ イあった。が、如何せん、英語というか英単語すらサッパリわからんので困った。 さて、会話の始まりから...。 リアさん:「失礼ですが、お名前は?。」>(綺麗な発音の日本語で) おてる :「****です。」>名字を伝える。 おてる :「”リア**”って名字?、名前?。」 リアさん:「...、すみません、意味がわかりません。」 おてる :「...。」(英語で何て聞けばいいんだ?) ※:後で調べたら、名字は family name または last name だった。 おてる :「フィリピンの何処から来たの?。」(日本語で) リアさん:「○△%◆@★です。」 おてる :「...、何処、そこ?」(聞き取れない自分(^^;) リアさん:「...、う〜ん、...。」 リアさん:「マニラから8時間かかる田舎です。」 おてるの頭の中。(乗り物は何を使用して8時間なんだろう?) 後で地図で調べてみようと試みたが、フィリピンは沢山の島から成り立っているので、 全く検討もつかなかった(笑)。 おてる :「日本語は難しいでしょ?。」 リアさん:「はい、とっても。」 ドゥさん:「たぶん、世界で日本語が一番難しいと思う。」 おてる :「フィリピンの家族とはタガログ語で話すの?。」 リアさん:「...、すみません、意味が...。」 たぶん、”タガログ”という発音というかイントネーションが違うから理解してもらえ なかったようだ。 突然だけど、そういえば、最近、日本の首相が変わったことを思い出し、 おてる :「フィリピンの大統領って誰だっけ?。」 リアさん:「...、ダイトウリョウって何ですか?。」 おてる :「ドゥさん、大統領って英語で何て言うっけ?。」 ドゥさん:「...、知らない。」 3人共に:「...。」>暫く沈黙(笑)。 リアさん:「あっ、プレジデントですか?。」(プレジデントは素晴らしい発音) ※:綺麗な英語発音なので「プレ」までは聞き取れたけど、後が分からない自分。 おてる :「そうそう。(分かっていないのに(^^;)。」 リアさん:「アロヨです。小さな女性です。」 おてる :「あっ、そうだ、アロヨさんだったね。」 ※:いまだにフィリピン大統領はアキノさんだと思っていた自分(笑)。   女性だということしか合ってないやんけ!!。 リアさん:「今、電子辞書が欲しいのですが、どこで売っていますか?。」 ドゥさん:「電気屋さん。」 おてる :「電気屋さんってイッパイあるよ。」 ドゥさん:「リアさんは、***近くの△△△に居るんだって。」 おてる :「それなら、”○○○”って電気屋が一番近いね。」 ドゥさん:「そうだねぇ〜。」 おてる :「”○○○”という店、知ってます?。」 リアさん:「あっ、わかります、ありがとうございます。」 まだまだ、会話は、更に続いたけど、何を聞いたのか、何を聞かれたのか、何を答えた のか覚えてない(^^;。とりあえず、ワタクシは、最後まで日本語で押し通した(笑)の だけは、ハッキリと覚えている(^^;。 まっ、でも、リアさんが理解でない会話の場合は、ドゥさんが、それを敏感に察知して 別の話題へと変えていってくれたので助かったっすよ。 え〜、生の英語をタダで習えるチャンスは滅多にないから、私も電子辞書が欲しい。 ”日本語”<−>”英語”への変換さえできればさ、正しい発音やイントネーションは リアさんに聞けばいいからね。 リアさんは10月31日まで研修生として我が社に居るらしい。さて、それまでに、ワ タクシ、おてるは、どこまでコミュニケーションを取れるようになるのだろうか?。
▲Top


10/2(月)
突然、英語で話しかけられビックリ!!。 今日、某Y社へ行って、新しい仕事の打ち合わせの最中に、突然、後ろから英語で話し かけられた。本当に突然だったし、真後ろから聞きなれない言語で話かけられたので、 軽いパニック状態(笑)。ビックリしたワタクシの反応は失礼な、 「はぁっ!?」 だった(^^;。 もう一度、同じ英語で話しかけられ、やっと意味がわかった。 「すみません。コーヒーの自動販売機は、どこにありますか?。」という内容だった。 が、今度は意味が分かっても英語では返すことができない自分(^^;;;;;。 自販機の場所を指で示しながら、日本語で「そこそこ。」というのが、やっとだった。 英語で話しかけてきた外人は人当たりの良さそうなオジサマでニコニコしながら、 「サンキュー」 と言って去っていった。 携帯型の翻訳機でも常に持ち歩こうかな?。 そうそう、こちら、浜松は英語よりもポルトガル語や中国語を話す人たちが多いっす。 中国語なら、ほんの少しなら分かるかもしれないが、ポルトガル語は雑音にしか聞こえ ないんだよなぁ〜(笑)。>ゴメン、ポルトガル語を話す人達...(^^;。 ちなみに、近いうちにはフィリピンの人と交流があるかもしれない。たぶん、英語だと は思うが現地の言葉を話されたらアウトだな。ちなみにフィリピンってタガログ語だっ たっけ??。
▲Top