2006年12月 独り言トップ 2006年10月


2006年11月
11/30(木)
朝飯を抜いて「慢性疲労」を改善しようと、ちょっと前に実行してみたのだが、これが 自分にとっては見事に逆効果だった(笑)。1週間、試してみたのだが、疲労が抜ける どころか、疲労は、そのまま変わらず、体重が激減して、ちょっとヤバイっす(^^;。 現在、自分の身長は約178cm、体重は約51kg。 これをBMI(ボディ・マス・インデックス)という計算で指数を算出してみよう。 BMI = 体重「kg」 ÷ 身長「m」の2乗 正常範囲:19.8 〜 24.2未満 51「kg」 ÷ 1.78「m」の2乗 = 約16.1 逆に「何kg」までが正常範囲か逆算してみると、約62〜76kgらしい。 ...痩せ過ぎじゃん...。 じゃぁ〜、今度は肥満度の計算をしてみよう。 理想体重 = (身長「cm」 − 100) × 0.9 肥満度 = 現在の体重 ÷ 理想体重 × 100 ・89%以下    : 痩せ過ぎ!!。運動して、もっと食えっ!!。 ・90〜110%  : 大丈夫よ。 ・111〜130% : ちょっと太り気味だね。運動して食事療法をしよう。 ・131%以上   : 危険。すぐに医者と相談して減量せよっ!!。 (178 − 100) × 0.9 = 70.2 51 ÷ 70.2 × 100 = 約72.6% ...やっぱり、痩せ過ぎじゃん...。 約20kgぐらい増量してぇなぁ〜。いや、せめて、その半分の約10kgでもいい。 だいたい、35年間生きてきて60kg台になったことなんてないからねぇ(^^;。 そういえば、テレビで見たけど、ペンギンの幼鳥が初めて海へ潜る前って、石を食べて 体重を増やし、海の中へ入っても浮かないようにするらしいね。 ...、オレも今日から石を食おうか?(笑)。
▲Top


11/28(火)
我がバンドのライブ告知のページを作成した。 ちょっと昔までだったら、かなり凝ったページを作る自分なのだが、もう、時間が無い のと面倒臭いの2つが重なり、超簡単なモノにしてしまった。 本当に「告知のみ」だもんな...(^^;;;;;。 バンドメンバーに怒られるかな?(笑)。 一応は、専用アドレスを作成して作ったので、いずれ、我がバンドの、ちゃんとした紹 介や、過去の演奏は何をやったのかとか、メンバー紹介とかを作る予定。 あくまでも、「予定」だけどね(^^;。
▲Top


11/27(月)
健康診断の結果が出た。再検査はなかったけど、要注意がいくつかあった。 ・痩せ過ぎ。 ・貧血(赤血球が足りん)。 あと、心電図も、なんだか変なのが書いてあったな。 まっ、いつもと変わらなかったから、大丈夫かな?。 それにしても、体重が激減しているような...(^^;。 皮と骨だけのオテルっす(笑)。
▲Top


11/26(日)
今日、短い直線で試したの動画。 すでにブースト値はノーマルの「0.93」を飛び越えて「1.04」を指し示し、ト ルクは約24kg・m付近。 手動で撮影しているために加速、減速でブレブレになっているのは勘弁(^^;。 それから、かなり無駄な部分を切ったので、たったの9秒の動画っす(^^;;;;;。 あと、Windows Media Playerの最新版がインストールされている PCでないと見れないかも...。ゴメンね。

MFDの左側に表示されているのがプースト計で、右側がトルクメータ。ブーストは、
かなり、どんどん上昇するが、トルクメータは、直線なので動きが鈍いっす。

一応、RB26DETTが咆哮しているのが少しだけ聴こえるハズ。



昨日、ついつい、GT−Rのパーツを衝動買いしてしまった。まったく買う予定はなか
ったのにぃ〜。さて、どこが変わったっか?。って、すぐにわかるよね。

before after
装着前 装着後



そういえば、この後に「こまどりの湯」という温泉へ行ってきた。前々から、「久しぶ
りに露天風呂へ入りてぇ〜!!」というオッサンな考えがあってね、高校の時の友人に
電話をしたら、一緒に行ってくれるということで、突然だったけど、GT−Rでドライ
ブを兼ねて一風呂浴びに行ってきた。詳細は、上記のリンクを見てもらうとして、小さ
いけど、個人的には良かったと思った。お湯は、ちょっとヌルヌルしている感じ。自分
の肌は男が言うのも何だけど、スベスベ、ツルツルになるっす(o^_^o)。

ところで、温泉の入り口には「刺青が入っている方、**団関係の方の入浴はご遠慮願
います。」と書いてあったのだが、脱衣所へ入った瞬間、ワタクシ達の目に入ってきた
ものは「刺青」の入ったお方(笑)。まっ、別に危害を加えられるわけではないので、
よかったが、温泉側としても怖くて言えないんだろぉ〜なぁ〜...、と思った(^^;。

あと、温泉へ行く途中に危うくネズミ捕りに引っ掛かるところだった。こっちのほうが
刺青の入った方よりもドキドキした。もう少しで免許証の色が青から、ゴールドへ変わ
るっちゅうとこなのでね(^^;。

▲Top


11/23(木)
勤労感謝の日というのに我が社は出社日。いつもは、絶対に休むけど、珍しく(^^;、真 面目に仕事をこなしてきた。 国産車も、ちゃんと作れば世界のスポーツカーと肩を並べられるのね。これを見て感動 したのはボクだけか?(^^;。 フェラーリ360モデナ VS ポルシェ・ターボ VS NISMO GT−R。

皆さん、プロドライバー。ワタクシにはマネできん(^^;;;;;。

▲Top


11/22(水)
1週間、朝飯を抜いて、毎朝、水道水をお腹イッパイになるまで飲み続けてみた。 で、効果のほうなんだけどね...、よぉ〜、わからへん(笑)。 朝、起きた時に感じられた体の重さは、なくなったよ〜な気がしないでもない。でも、 自分が思った時間には起きられない。起きようとしない自分のせい?(^^;。 そうそう、1食抜くから、便秘になりやすくなるかと思ったけど、まぁ〜、毎日、快便 だったことを報告しておこう(笑)。えっ、そんなの誰も聞いてない?(^^;。 慢性疲労をネットで調べていると「3食、ちゃんと食べないといけない。」と書いてあ るページもあるしねぇ〜。どれが、本当で、どれがウソ(言い過ぎ?(^^;)の情報なの かは、こうも情報がイッパイあるとさ、「金がかからない(無料)」>ケチ(^^;、「死 なない」(笑)、のなら自分で試すしかないのよね。 ということで、とりあえず、朝は、少しは食べていくことにした。また、毎朝、体が重 くなるようなら、朝飯抜きに戻そう。>結局、どっちやねんっ!!(^^;。 11月20日に新型スカイラインが発表、発売になったね。ただし、セダンのみで、ク ーペは来年の秋になるらしい。 要らない、買わないけど、とりあえず、試乗はしてみたい。この新型のスカイラインの エンジンは前回と同じV型6気筒なのだが、80%ほどのパーツ類が新しくなっている らしく、ほぼ新型エンジンといってもよいみたいだ。また、世に出ているV型6気筒エ ンジンの中でも、かなり高回転まで回るようだ。 ちなみに、このエンジンは2500ccと3500ccの2種類があって、形式名が、 「VQ25HR」、「VQ35HR」となっている。通常、日産のエンジンは「型」の 次に排気量を表す「数値」に続き「DE」、「DET」、「DD」などのようにエンジ ンの機構がわかる文字が続く。 が、今回から排気量を表す数値までは同じだが、その後の「HR」はエンジンの特性を 表す文字らしいよん。 高回転      (High Revolution) ハイ・レスポンス (High Response) また、今度、マイナーチェンジするフェアレディZ(Z33型)は、「VQ35DE」 から「VQ35HR」にエンジンを換装するらしい情報も、チラホラと見受けられる。 もし、買おうとしている人がいるなら、マイナーチェンジ後が狙いかも。ただし、その 後、すぐに、新型(Z34型?)に切り替わるという情報もあるっすよ。
▲Top


11/15(水)
【 慢性疲労 】 すっかりオッサンだよなぁ〜。 ちゃんと寝たはずなのに、朝、起きられない。普通は疲労が回復されてスッキリした気 分で起きられそうなんだけど、体がすんごく重いのだ。回復しているはずの疲労が回復 していない。とにかく気力を振り絞って布団から這い出る。こんなんが毎日続くから、 もぉ〜、嫌になってしまう。 で、ネットで調べていたら、こんなのを見つけた。 「1日2食で慢性疲労が治った!」 これって、本当か!?。とりあえず、お金はかからないタダ(^^;。少し、試してみよう かな。どうせ、朝はギリギリまで寝ていて朝飯を食っている暇が無いし...。 とりあえず、わずか5日で効果が現れるらしいので、自分を実験台にして明日から試し てみる予定。
▲Top


11/14(火)
昨日は、風邪による発熱で1日、お仕事をお休み...。そして、今日は仕事をするた めに会社へ行ったのだが、まだ完治していないようで、朝、自社へ出社したら「顔色が 悪いよ!!」と言われ、午前中に定例会のため、某Y社へ行ったら、「顔が青白いけど 大丈夫なの!?」と言われたっす(^^;。 今現在、熱は下がったのだが、体がダルくて重いような、頭が「ボォ〜」っとしている ような変な感じ...。 日曜日の午前中、ロドスタが大集合する情報を入手し、コッソリと行ってみた。集まっ ていた台数が半端じゃなかったっす。撮影したけど、1枚に収まらず、とりあえず、2 枚撮影。が、まだ、入りきらん(^^;。

情報元の車もバッチリ撮影。しかも、かなり良い場所に陣取っていたので、すぐに分か
った(^^;。ご本人とも久しぶりに会うことができてよかった。ちょっとしか話ができな
かったのが残念だったなぁ〜。




沢山のロドスタの中をウロウロしていて、気に入ったのを数台撮影。まずは、「俺もや
りてぇ〜!!」と思ったのが、これ ↓。

完全にフェラーリを意識しているロドスタ。たぶん、「チャレンジ・ストラダーレ」を
意識していると思われる。ここまで、やれば逆に天晴れじゃ!!(笑)。




日産GT−R プロトタイプ。

う〜ん、カッコ悪い。一時期は「スカイライン」という名前を外すという噂を耳にして
いたのだが、最近は、また「スカイライン GT−R」として世に送り出すという噂を
耳にした。まっ、どっちにしろ、買えるような値段じゃないし、伝統を捨ててしまった
スカイラインは嫌いじゃっ!!(^^;。

▲Top


11/12(日)
いやぁ〜、昨日、今日と寒い中、色々なとこへ出かけたり、ゴソゴソ車をいじったりし ていたらさ、見事に風邪をひいたっす。現在、熱が上昇中(^^;。 特に、今日は、書きたいこと、掲載したい写真が沢山あったのだが、ちょっと熱を下げ るほうに集中するので、また明日っ!!。
▲Top


11/9(木)
ワタクシが中学生の頃、バリバリの現役だったと思われる「F−14」。 通称、トムキャットという戦闘機で主翼が可動式という、当時(今でも?)、珍しい戦 闘機だった。最近は、こういう関係の情報を掻き集めることから遠ざかって久しいので 詳しくは知らないけど、もう現役引退したのかな?。 ちなみに、こういう音楽と映像が組み合わさったのを見つけた。すんげぇ〜、カッチョ えぇ〜っすよ。

こういうものを、ワタクシのGT−Rを使って作りてぇ〜。派手に事故る瞬間の作品に
なる可能性が大きいが...(笑)。

▲Top


11/8(水)
今度の日曜日に「NISMO スポーツリセッティング 体感フェア」へ行ってくる。 そのうち、リンク切れすると思うが、ここ。 GT−Rへフロントパイプとスポーツキャタライザを装着した翌日に、それを知ってい たかのように、いつも、お世話になっている日産プリンスのディーラーさんから、お誘 いの連絡がきたのだ。あまりにも良いタイミングだったので、連絡をくれた方に「私が パーツを交換したのを、どっかで見ていたでしょ?。」って言っちゃった(笑)。 私が体感するのは、自分のGT−Rにスポーツリセッティングのコンピューターをポン 付けして、どんな風に変化するかを確認してくることっす。少し時間がかかるみたいだ けど、タダでやってもらえるから...。「タダ」とか「無料」という言葉には敏感に 反応するんだよねぇ〜(笑)。その後に「絶対に取り付けしろっ!!。」と迫られるこ とがないか、ちゃんと確認しておいたけどね(^^;。 あと、そのまま別の店でシャシダイにかけてパワーチェックをしてみても良いか確認し たけど、「体感時間」と「体感走行ルート」が予め決められているらしくダメだって。 そこを無理してでも、「パワーを計測してみたいっ!!」と、チビッコのように、ちょ っと、駄々をこねてみたけど(笑)、ポン付けしただけで、ちゃんとセッティングを出 した状態ではないので、万が一、壊れた時の保障ができないからダメだって...。 さてさて、スポーツリセッティングのコンピューターをポン付けで、「体感」できるだ けの違いが現れるのか?。ワタクシ、かなり鈍感だからなぁ〜...(^^;。やっぱり、 目に見える数値で出したいなぁ〜...。 って、最初から装着されているMFDで確認できるのかも。どこまで正確かは不明だけ ど、ある程度の目安ぐらいには使えるかもね。MFDの最大ブースト圧の値と最大フロ ントトルクの値と時間軸で表示されるブーストの立ち上がりグラフなどを表示させて、 自分で色々と計測してみよう。 そうそう、どのぐらい体感時間が与えられるのか確認しておかなければ...。
▲Top


11/4(土)
GT−R、パーツ装着、第2弾完了!!。
装着前の図 左:「フロントパイプ」、右:「メタルキャタライザ」


装着後の図 左:「者熱版で覆われたメタルキャタライザ」、「フロントパイプ」


昨日、GT−Rのメタルキャタライザとフロントパイプの取り付けをしてもらった。装
着するのに時間がかかるということで、14:00に車をショップへ預け代車を借りて
一旦、家へ戻り待機。そして、19:00少し前頃に「装着完了!!」の連絡がきて、
受け取りに行った。ただね、受け取りに行った時間帯がさ、一番渋滞する時間帯だった
ので、家の近所の直線で、少し、フィーリングを試して、そのまま終了。ほんとうに少
しだったので、あまり違いがわからず...、というか、ブッチャケで言うと全くわか
らなかった。>感覚が鈍いのか俺?(笑)。

【 全体的に感じたこと 】
で、改めて、今日、試してみたのだが、本格的に加速モードへ入っていく3000回転
からレブリミッターまでの間隔が明らかに短くなっていることと、ブーストのかかりが
大変良くなった(レブリミッター寸前「7500回転付近から」のブーストの落ち込み
が無くなった)ことと、4500回転を超えると排気音が

「スンゲェ〜、レーシィー!!。(少しバリバリ音が入る。)」

になったということに気が付いた。これは、後で述べる【 排気音について 】で気が
付いた点だ。ただし、アイドリング時の音はマフラー交換のみの時より少しだけ静かに
なったよん。あと、2000回転から3000回転の間はノーマルマフラーよりも静か
だ。GT−Rに乗って車内で聞いた排気音は、1800回転から2000回転の時の低
音と3000回転から3500回転付近までのブーストが本格的に立ち上がっていく時
の排気音が気持ちよい。

【 ブーストについて 】
BNR34のノーマルのブースト圧は「0.93」なのだが、ちょっとアクセルを開け
気味にしただけで、MFDに表示されるブースト圧計は「1.02」〜「1.04」付
近を指すようになった。そうそう、今までは、たまに「1.00」を超えていたのが、
常に「1.00」を超えていってしまう。まぁ〜、純正タービンは「1.20」付近ま
でが安全マージンとなっているので、今すぐ、どうこういう数値ではないのだけどね。

【 排気音について 】
GT−Rに乗って運転しているとエンジン回転数が「4000回転以上」になるとエン
ジン音の方が大きくなってマフラーの排気音は、ほぼ聞き取れなくなる。このエンジン
が4000回転以上の本気加速時の排気音は、どんなものなのか、かなり気になる部分
だったので、弟にGT−Rを運転させて、自分はパジェ子を運転し、パジェ子の少し後
ろ付近からフル加速をしてもらって聴くことにした。

エンジンが2000回転付近までは、RB26DETT独特のパンチ音が入ったエンジ
ン音と少しドロドロいう低音のマフラー排気音が混ざり合っているのだが、3000回
転を超えてくると、マフラー排気音が「カァ〜〜〜ン」というような音に変化し、更に
エンジンの回転が上がっていくと、RB26DETTの咆哮とレーシングマシンほどま
でとはいかないが「バリバリバリ」と耳を劈くようなマフラー排気音を含んで、あっと
いう間に遥か彼方へ...。で、車の姿が見えなくてもRB26DETTのエンジン音
とマフラーの排気音が聴こえるという感じ。更にエンジンブレーキ時だと思われるマフ
ラーが爆ぜた音(パンッ!!、パパンッ!!)という音が、たまに混じっているのが聴
こえてくるのよ。

【 エンジン回転について 】
発進時の1速、2速はレブリミッターへ入るか入らないかタコメーターを見る余裕はあ
るのだが、3速以上になると、そんなものは見ている余裕はなく、加速Gとマフラー排
気音(ただし3500回転まで)とエンジンの音で判断するのみ。とにかく、ごく短い
時間で、とんでもないスピード領域へ突入していくので、はっきり言ってタコメーター
を見ている余裕はすぐになくなる。また、1速から2速、2速から3速でハンクラを使
わずにダイレクトにクラッチをつないでいくとリアタイヤは一瞬だけホイルスピンをし
ていく。まえまでは1速から2速だけだったが、今回からは2速から3速でもホイルス
ピンをしていく。ただし、アテーサが適宜介入してくれるので、車は安定しているので
ケツがスライドしていきそうな不安感などは全く無い。とにかく、直線だけだったら、
とても安定して真っ直ぐ矢のように加速していく。



という感じで、面白かったけど、反面疲れた。ついでにパジェ子のオイル交換をDIY
でやった。思った通り真っ黒いオイルが出てきたっすよ。ゴメンよ、パジェ子。いつも
放置しちゃって(^^;;;;;。ということで、GT−Rは、個人でメンテは、ちょっとキツ
イがパジェ子は、なるべく自分でやっていこうと決めたっす。どちらも暫くは手放す予
定はなくなった。



詳細については、時間が取れた時にGT−Rのページへ掲載するっす。>いつになるか
は未定。



それから、本気で自分が所属しているバンドのHPを作らないと怒られるので、そちら
を優先するっす。とりあえず、面倒なので文字のみの簡単な物を作成して、あとから、
色々と情報をぶち込んでいく方式にしようかと...(笑)。

最近、仕事もプライベートも充実していて楽しいのだが、反面、すんげぇ〜疲れる。も
う若くないなぁ〜...。>ボソリ(^^;;;;;。

▲Top


11/2(木)
今日は会社の帰りに自社の課の仲良し組みで浜松の街中へ出て飲んできた。たまに、こ ういうミニ飲み会も楽しくていいな。みんな仕事場がバラバラだから、中々、会う機会 も少ないしね。それにしても久しぶりに飲んだなぁ〜。 そういえば、GT−Rのパーツを頼んだんだった。今回はメタルキャタライザとフロン トパイプを交換する。前回、マフラー交換の時は、かなり値引きしてもらったので、今 回は値引き交渉は、あまりしなかった。けど、交換工賃込みで12万6千円と安くして もらえたっす。>本当に安いかは知らない(^^;。 次はHKS製のインタークーラーに交換しようと思ったんだけど、難しい話はわからな いが、ただ交換しただけだと「圧力損失」というものが発生してパワーダウンしてしま うとか。やるなら、コンピュータも交換して現車合わせをしたほうがよいとのこと。 ということで、インタークーラーの交換は、暫く見合わせて足回りか、アルミホイール の交換を先にやってしまおうと思っているところ。足回りのメーカーはHKS製にしよ うと、ほぼ決定済みだ。 装着するアルミホイールも、ほぼ決定済みでNISMOの「LM−GT4」にしようか と思っている。本当は、「TE−37」もいいんだけど、どちらのホイールも製造元は 同じメーカーだしアルミホイールの重さも、ほぼ同等。となると値段での勝負だ。で、 調べてもらったら、なんと「LM−GT4」のほうが「TE−37」よりも1本あたり 2千円安いらしい。ここは、日産のディーラーと、いつもお世話になっている店で値段 の競合をして安いほうで買おうという魂胆(^^;。 ただ、気になる部分があって、推奨タイヤサイズが265なんだよね。現在、履いてい るタイヤ(245)を使いまわしたいのだが、うまく装着できるかどうかが問題。 で、最終的に狙っているパワーは控え目の360馬力ぐらい。ちょっとだけ聞いてみた のだが、多分、400馬力超えをしてしまうのではないかとのこと...。もう、若く ないし、そんな強大なパワーは要らんなぁ〜(^^;;;;;;。だってさ、どうみても、そん なパワーがあっても使いこなせないもん(笑)。 バンド関係。 やってみたいけど無理なのは分かっている。でも、できたらカッコ良いだろうな。

特にワタクシにとってはテンポが速いし、ドラムのパターンが難しい。なんとか誤魔化
す方法ってないかなぁ〜(^^;。
映像を見ているとドラムのハイハットを16ビートで刻まないといけないみたいだ。一
番、苦手なパターンなんだよ。

▲Top